トップページ倉庫について
倉庫の機能・役割
ベルトコンベア

物を保管する。また必要な物を必要な時期に出荷する。古代から現代までの変わらない機能はもとより、物の流れ「物流」、取引の流れ「商流」、さらに情報の流れ「情報流」に対する重要性が高まっています。

高度成長期の少品種大量保管から変化し、今では消費者の志向に合わせた他品種少量生産に対応した保管管理が求められています。またインターネットの急速な普及によってオンラインショップなど店舗を持たない販売形態が広がりを見せていますがそこにも倉庫の持つ重要性は高まっています。JIT(Just in Time)多アイテム、多頻度小口化、リードタイム短縮など企業の物流戦略上大きなニーズが倉庫業に求められているのです。

倉庫の歴史

東大寺正倉院古代の倉庫

エジプトの古都ルクソールには今も3,500年前に建てられたラムセス二世の倉庫群を見ることができます。有史以前から人は食糧や手に入れた物を保管するために倉庫を利用していました。日本では古来、倉庫を「蔵」と呼び富の象徴とされ、大陸から稲作が伝わった弥生時代には高床式倉庫が建てられます。奈良時代に建造された東大寺の正倉院は1,300年の時を越えて当時の文化を伝えてくれます。この時代になると米などの食糧だけでなく宝物、書物、楽器等多種の所蔵物が見られ当時の文化や交易の様子を知ることができます。当時から倉庫がたんに飢餓対策の保管庫だけでなく記録情報を次代につなげる役割を担っていたのです。

水田と蔵 中世の倉庫

四方を海に囲まれる日本では江戸期にもなると、発達した造船技術と海路の確保によって海上交通が発達し、商船を所有した商人は流通事業の拡大にともない多くの商品を貯蔵するために倉庫をたてました。また、蔵屋敷制度が設けられ諸藩が領内で生産させた年貢米や物品を売りさばくための販売機関として倉庫制度が構築されました。蔵米の買取に際して、米切手が交付されたのです。これは現在の倉庫証券制のルーツと考えられます。

煉瓦の倉庫現代倉庫業の源流

倉庫業が独立した企業として発達したのはの明治10年以降といわれています。明治になり廃藩置県、物納の廃止により米を中心とした国や藩による貨物の扱いが大きく変わり、民間商人が大量の貨物を扱うようになりました。これにともない蔵屋敷などの倉庫が民間に渡り、活用されるようになりこれが現代の倉庫業の原型となりました。明治20年開業の有限責任東京倉庫会社(現在の三菱倉庫株式会社)は三菱為替商店の倉敷業務を独立させた会社で日本の倉庫業の起源されています。