トップページ風光明媚な産業都市「富士市」
富士市
駿河湾上空より田子の浦港・富士山を望む

秀麗富士山の南麓に立地する富士市。南には駿河湾を望む風光明媚な町です。そのほぼ中央に山清倉庫はあります。

万葉の歌人山部赤人の「田子浦ゆ 打ち出でて見れば真白にぞ 富士の高嶺に雪は降りける」と詠ませた景観は、現在は日本有数の製紙の町として、多くの煙突が林立する工業都市です。

富士市の産業
田子の浦港

富士山からの豊富な水資源により発展した製紙。ルーツは駿河半紙にあるようです。富士山麓に自生していたミツマタを原料として製紙を開始し、幕末の頃には江戸で売られ「駿河もの」のブランドを獲得していました。工業化の火口になったのは、明治22年。富士製紙(王子製紙)の入山瀬への建設からとなります。

第一次産業では、「富士のやぶ北茶」でおなじみのお茶をはじめ、梨、イチゴなどが農業特産物となっています。また、漁業特産物ではシラスが有名です。

富士市の交通
薩埵峠(さったとうげ)

富士市には東海道五三次の宿場「吉原」があります。古くから交通の要であり、現在は、国道1号線(東海道)、東海道本線(JR)、東海道新幹線(JR)、東名高速道道路が横断し、日本の交通の大動脈となっています。また、昭和36年には田子の浦港が開港しこの臨海性に魅力を感じた企業の進出が、現在の産業都市「富士市」を築き上げました。

昭和63年には東海道新幹線新富士駅が開業し、東京駅と約70分で結び今では首都圏の通勤圏内となり多くの市民が通勤、通学として利用しています。